【Vol.28】「サービスマンのための読心術スキルアップ講座」

講師:株式会社空気を読むを科学する研究所 代表取締役 清水 建二 氏

 「微表情」という言葉を、ご存じでしょうか。微表情とは、フラッシュのように一瞬で顔に表れて消え去る「真の感情」です。その多くは0.2秒以内の変化ゆえ、通常の会話では80~90%が見落とされてしまいます。「微表情」は、欧米では60年代から盛んに研究されており、「ウソを見抜く」ためにFBIなどで大いに活用されています。しかし、反対に「対人コミュニケーションで良好な関係を築く」ためにこの微表情を活用すれば、人間関係を助ける強力なツールとなります。「この人は、どうしてこんなに“分かってくれる”のだろう」と相手に感じてもらえるからです。

 「空気を読める」ようになる、「“察する”のが得意」になる。そのために、「表情・微表情分析」という手法があります。(株)空気を読むを科学する研究所の清水建二氏は、微表情を理解する力をビジネスや人間関係に生かすコンサルをされている日本の第一人者です。本DVDでは、「表情・微表情分析」の知見・実例を通じて、相手の気持ちを“察し”、ビジネススキル・接客の質をさらに高める手法を紹介しています。

【こんな内容です】
●マーケティング、接客、採用、マネージメント、メンタルヘルス
 等々、様々な対人場面で活かせる微表情検知力とは何か
●微表情は何を教えてくれるのか
●いつでも、どこでも、誰にでも表れる万国共通の7表情
●人のホンネが見え隠れする瞬間と、「空気を見える化」するスキル
●「微表情検知テストトレーニングDVD」を用いての
 微表情の読みとりトレーニング
●接客の場面における、微表情検知を用いた感情アプローチ法

【こんな人におススメです!】
●お客さまのホンネを正しく把握したい人
●上司や部下の心情を正しく汲み取りたい人
●「空気を読む」ノウハウやスキルを社内に伝えたい人
●「KY」と呼ばれたくない人

【清水 建二(しみず けんじ)氏のプロフィール】

株式会社空気を読むを科学する研究所 代表取締役。
http://www.microexpressions.jp/

 1982年、東京生まれ。日本顔学会会員。早稲田大学政治経済学部卒業後、東京大学大学院でコミュニケーション学を学ぶ。学際情報学修士。日本国内にいる数少ない認定FACSコーダーの一人。微表情読解に関する各種資格も保持している。20歳のときに巻き込まれた狂言誘拐事件をきっかけにウソや人の心の中に強い関心を持つようになる。現在、表情・微表情の魅力、実用例を広めるべく企業コンサルタント、商品開発、セミナー等の活動をしている。

【価格】4,200円(税込)
【収録時間】約1時間
【テキスト】 あり

★本DVDは2015年3月26日に開催されたセミナーを収録したものです。
http://yadoyadaigaku.com/program/JK1423.html

¥ 4,200

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※この商品は送料無料です。

<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。